車の買取りと自動車税の関係(還付金含む)

車の買取りと自動車税の関係(還付金含む)

車の買取りと自動車税の関係(還付金含む)

税金

普段は意識しないものの、車には多くの税金が掛かっています。

車を購入した時には

・自動車取得税
(新車購入時、普通乗用車の場合取得価格の3%/軽乗用車・営業車の場合は2%
中古車購入時、残価率から算出。新・中古車どちらも取得価格50万円未満は掛からない)
・消費税

車を所有している期間中は

・自動車税
・自動車重量税

がそれぞれ掛かります。

このうち、廃車(抹消登録)すると税金の残存期間分(還付金)が戻ってくるのが
自動車税と自動車重量税の2種類です。

しかしそれぞれ、自分で廃車にした場合と買取りに出した場合とでは返金のされ方が異なってきます。

今回はこの2種類の税金について詳しく説明すると共に、買取りに出した場合の還付金についてもお話したいと思います。

 

愛車の無料査定はコチラ

必須:メーカー
必須:車種
任意: 年式

必須: 名前
必須: 電話番号
※ご入力頂いた内容は、「中古車買取ドットコム」に送信されます。
※送信時は、プライバシーポリシーに同意したものとします。

車を買取りに出した場合重要になってくる2種類の税金

まずはじめに、自動車税と自動車重税は混同されがちですが、この2つは全くの別物であってそれぞれ納める場所も違います。

自動車税

自動車税とは・・・
「車を持つこと」に対して掛けられる税金です。
毎年5月頃に請求書が発行され、各都道府県に納められます。

用途や排気量に応じて税額が決まるのが特徴です。
(普通乗用車1リットル以下/29,500円から最高限度額の6.0リットル以上/111,000円まで、0.5リットル毎に税額が上がる。軽乗用車は一律10,800円)

買取りに出した場合

還付金分を別途支払う買取り店もありようですが、ほとんどの買取り店は「還付金分は買取り額に含む」としています。買取り店で提示される買取り額には還付金分も含まれているということです。
自分で廃車にした場合には、自動車税額を月割りにした金額が各都道府県税から支払われます。しかし、軽自動車の場合は自分で廃車にした場合でも還付金はありません。

※納税通知書は、毎年4月1日時点でその車の所有者だった人に送付されます。例え4月2日に車を買取ってもらう予定だとしても、4月1日ではまだ所有者ですので、この場合自動車税を支払わなければいけません。3月後半に買取ってもらう場合は日にちに十分注意しましょう。

自動車重量税

自動車重量税とは・・・
道路を維持することを目的として掛かる税金であり、国に納められます。
車の購入時にはまとめて3年分を、それ以降は車検時に2年分ごと支払っていきます。

自動車の重量に応じて税額が決まるのが特徴です。
(普通乗用車500kg以下/12,300円から最高限度額の2.5トン-3トン以下/75,600円まで、500kg毎に税額が上がる。軽乗用車は一律9,900円)

h4 買取りに出した場合
こちらも還付金分を別途支払う買取り店もありようですが、ほとんどの買取り店は「還付金分は買取り額に含む」としています。
自分で廃車にした場合には、車検が1ヶ月以上残っている車の場合のみ、残りの期間に応じた金額が各都道府県税から支払われます。自動車重量税の場合は、軽自動車にも還付金が発生します。

その他・自賠責保険

自賠責保険とは・・・
車の運転者全員に加入が義務付けられている保険です。未加入の状態で運転することは法律で禁じられており、違反すると1年以下の懲役または50万円以下の罰金・免許停止等の処罰対象になります。

加入している保険会社は各自で違いますが、保険料は全国一律です。
(24ヶ月間 普通乗用車 27,800円/軽自動車 26,370円、36ヶ月間 普通乗用車 39,120円/軽自動車 36,920円)

h4 買取りに出した場合
こちらも還付金分を別途支払う買取り店もありようですが、ほとんどの買取り店は「還付金分は買取り額に含む」としています。
自分で廃車にした場合は、3ヶ月以上残っている車の場合のみ、残りの期間に応じた金額が各保険会社から支払われます。

ここまで3種類見てきましたが、それぞれ買取り額を提示された際に”還付金が上乗せされているか”をきちんと確認することが重要だと分かったと思います。
黙っていると上乗せされない場合もあると聞くので、必ず上乗せした分について確認を取るようにしてください。

自動車税をはじめ、車を買取ってもらうのは何かと面倒・・・

税金関係や必要書類を集めるなど、車を買取ってもらう際には何かと面倒ごとが多いものです。

「そんな面倒なことしたくない!」
という方に朗報です。
買取り店には、その面倒ごとを全て代行するサービスがあります。

もちろん買取り店によってサービスの内容は変わってきますが、大半の買取り店では各種手続きの代行サービスを無料で行っているようです。
車を買い取りに出したいけど手続きが面倒だ、という方は代行サービスを実施している買取り店にて買取ってもらうことをおすすめします。

一括査定で買取りを申し込めば、手続き代行サービスを実施している買取り店が分かります。
ご自身の車の買取り額の相場も分かりますし、1回で最大30社から買取り査定額の見積もりをもらうことも可能です。

車の一括査定サイトは数多く存在しますので、ぜひ検索し、利用してみてください。

書類関係カテゴリの最新記事