車検証・自賠責保険の不携帯は道交法違反?再発行まで詳しく解説

車検証・自賠責保険の不携帯は道交法違反?再発行まで詳しく解説

『車検証や自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)の不携帯はいけないこと』だという認識は、皆さん持っているでしょう。

警察官が検問などを行っている際に提示を求められることがあるため、どちらも普段からダッシュボードなどにしまっておくことが推奨されています。

検問で提示を求められたときはもちろん、その他の場合にも、車検証・自賠責保険不携帯の状態で走行しているところが見つかった場合、果たしてどのような罰則が科せられるのでしょうか。
そもそも、”車検証や自賠責保険の携帯”は法律で定められているものなのでしょうか。

今回は、【車検証・自賠責保険の不携帯の場合に課せられる罰則】と、【車検証・自賠責保険の再発行の仕方】をまとめました。

車検証・自賠責保険の不携帯は道交法違反?

車検証・自賠責保険の携帯は道交法(道路交通法)で定められています。
つまり、どちらか一つだけでも不携帯だった場合は法律で罰せられます。

車検証と自賠責保険では罰則の重さが異なるので、一つずつ詳しく見ていきましょう。

車検証不携帯の場合の罰則

車検証の携帯は、道路運送車両法第66条1項によって定められています。
車検証を不携帯だった場合【50万円以下の罰金刑】が科せられます。減点は無く罰金刑のみですが、重い刑です。

警察に見つかった時点で自走を許されない可能性もあり、その場合は車検証が保管してある場所まで、家族や友人、または代行会社などに運転を依頼することになります。

時々、車検証の原本は家で保管して、車には車検証のコピーを積んでいる人がいます。
これは一見、大切な車検証を紛失しない安全な方法のように思えますが、実は車検証のコピーのみでは”意味がありません”。コピーしか積んでいない場合は、不携帯と同じく【50万円以下の罰金刑】が科せられてしまいますので必ず原本を携帯しましょう。

また、「再発行中」や「名義変更中」などで、一時的に手元に車検証が無い場合の運転も罰金刑の対象。
いかなる場合においても【車検証を不携帯であれば道交法違反】となってしまうので、運転はしないでください。

■まとめ■
・道路運送車両法第66条1項に定められている
・車検証の不携帯は50万円以下の罰金刑
・車検証はコピー不可
・再発行中や名義変更中などのいかなる場合でも罰金刑の対象となる

自賠責保険不携帯の罰則

自賠責保険の携帯は、自動車損害賠償法第8条によって定められています。
自賠責保険を不携帯だった場合には【30万円以下の罰金刑】が科せられます。車検証不携帯と同様、減点はありませんが重い刑です。

自賠責保険の場合も”原則は原本”で、コピーは不可。
原本が盗難にあってしまう可能性を考えてコピーを積んでいる人も大勢いるようですが、可能な限り原本を積んでおくようにしましょう。

車検証と自賠責保険では科せられる罰金刑の金額が異なりますが、自賠責保険で気を付けなければいけないことはこれだけではありません。

中には”そもそも自賠責保険に未加入”という人も多くいるようで、こちらも道交法違反の対象となってしまいます。
自動車を運転する場合は【自賠責保険への加入必須】であり、義務付けられています。
自賠責保険に未加入であった場合には【50万円以下の罰金か懲役1年以内の刑事罰、加えて6点の減点】と大変重い罰則が。自賠責保険への加入は運転者の義務ですので、必ず加入しましょう。

■まとめ
・自動車損害賠償法第8条によって定められている
・自賠責保険の不携帯は30万円以下の罰金刑
・自賠責保険もコピー不可
・自賠責保険に未加入の場合は、50万円以下の罰金か懲役1年以内の刑事罰、加えて6点の減点

車検証・自賠責保険を紛失した場合は不携帯になる前にすみやかに再発行を

前述した通り、車検証・自賠責保険は「再発行中」や「名義変更中」の間は自動車を運転できません。
とくに再発行には時間がかかる可能性があるので、車検証・自賠責保険を紛失した場合には速やかに再発行の手続きを行いましょう。

ここでは、【車検証・自賠責保険を紛失した場合の再発行の仕方】をご紹介します。

車検証の再発行の仕方

まずは、車検証の再発行に必要な書類を揃えましょう。

■車検証の再発行に必要な書類

・使用者の委任状 → 使用者の認印が捺印されているもの
・理由書 → 使用者の認印が捺印されているもの
・申請者の身分証明書 → 当日窓口で手続きを行う人のもの
・申請書(第3号様式)
・手数料納付書 → 手数料は300円

※「申請書(第3号様式)」と「手数料納付書」は当日、陸運局の窓口にて配布されます。

■車検証の再発行手順

①お住まいの地区を管轄している陸運局に出向き、「申請書(第3号様式)」と「手数料納付書」の配布を受ける。

②入手した「申請書(第3号様式)」と「手数料納付書」に必要事項を記入していく。
(通常、記入台に書き方の見本が設置されているので、それを参考に記入する)

③手数料分の印紙(300円)を陸運局内の【印紙販売窓口】で購入し、手数料納付書に張り付ける。

④車検証の再発行に必要な書類が全て揃っているか確かめる。

⑤【窓口】に、車検証の再発行に必要な書類一式を提出。確認の後、問題がなければ再発行されるまでその場で待機。

⑥今回新たに発行された車検証を受け取り、車検証の再発行は終了。

※月末・月初、年末などの繁忙期には陸運局各窓口が混雑するため、車検証の再発行に時間が掛かる可能性があります。
車検証の再発行の際は時間にゆとりを持って、陸運局に出向いてください。

自賠責の再発行の仕方

次に、自賠責保険の再発行の仕方をご紹介します。

自賠責保険の再発行に必要な書類は以下の通りです。

■自賠責保険の再発行に必要な書類

・自動車損害賠償責任保険証明書再交付申請書 → 加入している自賠責保険の会社、または代理店にて配布
・印鑑
・身分証明証 → 運転免許証、パスポートなど

■自賠責保険の再発行手順

①加入している自賠責保険の会社、または代理店を確認
(任意で加入している自動車保険とは異なる保険会社であることが多い。自賠責保険の会社が分からない場合は、自動車を購入した店舗に問い合わせる)

②加入している自賠責保険の会社、または代理店に連絡する。
(損傷、紛失などケースによって別途書類が必要となる場合もあるため、必ず事前に連絡しておくこと)

③加入している自賠責保険の会社、または代理店の窓口に出向き、「自動車損害賠償責任保険証明書再交付申請書」を記入する。
(この時に身分証明書と印鑑が必要になるので、必ず「運転免許証」「健康保険証」「パスポート」のいずれかを持参すること)

④記入した「自動車損害賠償責任保険証明書再交付申請書」と身分証明書のコピーを提出する。問題がなければ、自賠責保険の再発行手続きは以上で終了。

⑤およそ1週間程度で再発行される

h2 車検証・自賠責保険の不携帯はやめましょう

車検証や自賠責保険は、普段から使用するものではないため、不携帯についても軽視されがちです。

しかしその罰は重く、【車検証を不携帯だった場合には、50万円以下の罰金刑】、【自賠責保険を不携帯だった場合には、30万円以下の罰金刑】が科せられます。
普段から車内に積んでおく習慣をつけることで、これらを違反することがなくなるで、ぜひ習慣づけてください。

また、思わぬことをきっかけに紛失している可能性もあるので、3カ月に1度のペースで車検証・自賠責保険の確認を行うようにしましょう。
そして、もし紛失していた場合には速やかに再発行の手続きを行い、絶対に不携帯での走行がないようにしてください。

書類関係カテゴリの最新記事