ハイオク・レギュラー・軽油の違いってなに?

ハイオク・レギュラー・軽油の違いってなに?

同じ石油から作られるものなのに、店頭での販売価格に違いがある燃料とは?
それは「レギュラー」ガソリン・「ハイオク」ガソリン・「軽油」の3つ。
ガソリンスタンドの掲示物などで、一度は見かけられたことがあるのではないでしょうか。
レギュラーガソリンが中間の価格で、ハイオクガソリンがレギュラーより高く、
軽油はレギュラーガソリンより安い価格です。
給油の際、多くの方はレギュラーを給油されると思いますが、それぞれの違いについてご存知でしょうか。
一つ間違えると、車の故障などのトラブルにもなります。高額な修理代がかかる場合も。
ですので、今回はそんな「ハイオク・レギュラー・軽油の違いってなに?」という疑問についてお答えしていきます。

ハイオクとは何か?

まず、ハイオクから見ていきます。ハイオクは「高オクタン(ハイオクタン)」という言葉を略したものです。
「オクタン(オクタン価)」とは「異常燃焼(ノッキング)」の起こりにくさを表す指標です。
ガソリンは非常に発火する可能性のある燃料で、シリンダーの中に吹き込まれたのちに、
ある程度圧縮された段階で自己発火してしまうことがあります。このことを異常燃焼(ノッキング)と呼びます。
この異常燃焼(ノッキング)が続くと、最終的にエンジンの損傷につながる可能性があります。
損傷にならずとも、エンジンから「キンキン」「チリチリ」というような金属音が鳴る場合があります。
エンジンのノッキング音は、必ずしも人間の耳に聞こえる音だけでなく存在するものです。
この異常燃焼(ノッキング)につながる自己発火や異音を抑制するために、
燃料生成のプロセスにおいて、様々な添加剤が加えられたものを「ハイオク」と呼びます。
ハイオク(高オクタン価)ガソリンは自然発火しにくいという性質があり、
エンジンの動作で最適な時点で発火をし、スポーツカーなどに要するハイパワーを引き出すことが可能となります。
ハイオクガソリンは生成段階での手間や、添加剤が含有するため、レギュラーより値段が上がります。

レギュラーとは何か?

一般的な乗用車で最も使われるガソリンです。ハイオクより低オクタン価で、価格も安いのが特長です。
日本工業規格(JIS)では100を最高値として、レギュラーガソリンのオクタン価は89.0以上、
ハイオクガソリンのオクタン価は96.0以上と定められています。
ガソリンエンジンは、燃料であるガソリンと空気が混ざり、適切なところで点火して爆発することで動きます。
低オクタン価だと自然発火しやすいということになりますが、
一般的な乗用車であれば、それほどハイパワーを要することはありません。
スポーツカーのように、急発進や高加速をする事のない乗用車であれば、
自然発火することが少ない低オクタン価でも問題なく使用できます。
ただ、適切なところで爆発をせずに、それ以外の時にも爆発を起こしてしまい、
ピストンという部分の動きを妨害してしまうこともあります。

ハイオクガソリン指定車に、レギュラーガソリンを入れてしまうとどうなる?

一般的には、普通車より高性能なエンジンにはハイオク指定がなされていて、
レギュラーを給油した場合には想定されている性能が発揮されない場合があります。
オクタン価が下がるとノッキングは起きやすくなりますし、パワーが落ちる(5~30%程度)ので燃費も悪くなり、
「ハイオクを入れていた方が燃料代が安かった」という事にもなりかねません。
逆に、レギュラー指定のされたエンジンを搭載した車にハイオクを給油しても問題はありません。
最近では電子制御のエンジンがほとんどなので、自動で調整をしてくれます。
むしろエンジンの吸気系をきれいに保つ効果もあり、メーカーによってはお勧めしている場合もあります。
ただ、性能自体が上がるわけではないので、割高なハイオクを利用するのであれば、ハイオクガソリン指定車を選びましょう。

軽油とは何か?

軽油とはディーゼルエンジン用燃料です。軽という文字が付いていますが、軽自動車用燃料ではないので注意が必要です。
ただ、実際に軽自動車に軽油を入れてしまう人がいるため、ディーゼルと表記しているガソリンスタンドもあります。
ディーゼルエンジンはトラックなどの大型車、船などに搭載されています。
軽油は、高温・高圧で爆発させることにより高出力が出せ、エネルギー効率も良く低燃費に繋がります。
そのため、乗用車に比べて重く、燃費があまりよくない大型車には、ディーゼルエンジンが採用されている場合が多いです。
また、レギュラーよりも価格が安いです。なぜなら、ガソリンと軽油の税金は、どちらも固定の税金と消費税がかかりますが、
固定の税金に関してはレギュラーとハイオクは同じ金額なのに対し、軽油だけは違う金額なのです。
ただデメリットとして低温に弱い特性があるため、ある一定の温度以下になると凍結してしまいます。
それを解決するために軽油は5種類あり、冬は凍りにくく、夏は熱くなりすぎないそれぞれの季節に合う軽油が販売されています。
もし、冬場にスキーに行く場合は現地にて、その現地に合う軽油を給油をすることをおすすめします。

普通車に軽油を入れてしまうとどうなる?

「レギュラーガソリンより燃費が良く安価なのであれば、普通車でも軽油の方が良いのでは?」
と思うかもしれませんが、そうならない理由があります。
軽油は、高温・高圧力をかけての燃焼が可能な反面、逆に言うとエネルギーを取り出すために高温・高圧にする必要があるため、
車の振動や騒音が大きく、普通車となれば、乗り心地などに影響が出てきます。
さらには、抽出する際の蒸留の温度です。ガソリン、軽油ともに蒸留させて抽出するのですが、
その温度がガソリンは30度~220度であるのに対して、軽油は180度~350度です。
つまりガソリンは常温でも燃えますが、軽油は高温でないと燃えないということになります。

燃料の使い分け方について

基本的には、国産車の場合は車の仕様書にどのガソリンを使うかの記載があり、それに従えば問題ありません。
一方で、外車の場合はどのガソリンを使うかの指示が無い事もありますが、基本的にはハイオクを使用する事となります。
これは、海外と日本のレギュラーガソリンのオクタン価基準が異なるためです。
外車も生産国ではレギュラーガソリン用として売り出されているのですが、
例えばドイツのレギュラーガソリンはオクタン価92以上と、日本より高めの基準となっています。
それに比べて、日本のレギュラーガソリンのオクタン価は89以上なので少々足りません。
ですので、外車については一般的にハイオクを使用しましょう。

最後に

いかがでしたでしょうか?
今回は、「ハイオク・レギュラー・軽油の違いってなに?」というテーマでお送りしてきました。
「乗り心地が悪くなってもいいから、安く済ませるために普通車に軽油を」というのは車の故障の原因なので、絶対にやめましょう。
ガソリンエンジンに軽油を入れた場合も、またその逆の場合でも車の故障の原因になります。
ちなみに、軽油車にガソリンを入れた場合は、ノッキングと白煙が激しくなり、同様にエンジンが止まってしまいます。
ただ、ガソリン車に軽油を入れた場合と異なり、燃料ポンプと噴射ノズルが破損するので、修理費用が高額になりがちです。
車にはそれぞれに合った燃料がありますので、間違えずに給油しましょう。

 

車業界豆知識カテゴリの最新記事