日本・世界のピックアップトラックを紹介

日本・世界のピックアップトラックを紹介

 

町ゆく道で大変大きいトラック型の乗用車を見かけたことはないでしょうか。イメージとしてはアメリカや海外でで走り回っているような荷台付きのトラックです。

ボディは大きく、そして大排気量エンジン特有の低音を響かせて走るピックアップトラック。今回はそんなワイルドなピックアップトラックに焦点を当て、様々な車種の特徴をご紹介していこうと思います。

日本・世界のピックアップトラックを紹介

自動車におけるピックアップトラックの位置づけ

まず、ピックアップトラックとは、自動車の中ではどのような分類なのかご説明します。

ピックアップトラックはアメリカでは、大型のトラック以外のトラックのことを指し、運転席のあるキャビンの後ろが荷台になっているものを指します。その馬車を連想させるスタイルで、アメリカでは西部開拓時代を想起させることから、多くの人に人気がある車種でもあります。映画「バックトゥザフューチャー」でも主人公のマーティーが憧れる車として登場していたことも有名です。

その積載性能や走破性から、軍事利用や商用車としても、非常に人気が高く、とりわけ自動車に走破性が必要とされる地域ではその販売台数のボリューム層となっています。現代においても、SUVブームなどの源流として、アクティブなユーザー層からの支持を集め続けています。

世界のピックアップトラックの人気車種

フォード・Fシリーズ

フォード・Fシリーズは アメリカの自動車メーカー・フォードが販売するピックアップトラックです。販売台数は28年間全米第一位を記録するなど大ヒットベストセラーとなりました。
アメリカではピックアップトラック代表的な存在であり、誰もがまず最初に思い浮かべる車で、初代は1948年から販売が開始され、現在18代と超ロングセラーとなっています。エンジンはすべてV8エンジンが搭載されており、排気量も4600CCとアメリカの代表的な大柄な車です。

ダッジ・ラム

ダッジ・ラムも米国の自動車メーカーであるラムが販売しているピックアップトラックになります。もともとはクライスラー傘下のダッジで販売していましたが、現在ではラムが販売しています。
ダッジ・ラムは1981年にクライスラーの傘下で販売を開始しました。現在は4代目まで販売を開始しており、V6 3.7Lのモデルから6.7Lのディーゼルまで幅広いエンジンラインナップが魅力の一つです。

フォード・Fシリーズと同様、日本においても時折、町中で走っているのを見かけることがある人気シリーズです。

シボレー・シルバラード

シボレー・シルバラードはアメリカのゼネラルモータースのブランド、シボレーから発売されている車種です。アメリカではシボレーから販売されていることもあってか、フォード・Fシリーズに次いで人気があります。
シボレー・シルバラードは1999年に発売を開始し、現在では3代目となっており、ややシャープで洗練されたデザインとなっています。

トヨタ・タンドラ

トヨタ・タンドラはトヨタ自動車が2000年に販売を開始したピックアップトラックです。販売を開始してから、日本をはじめ海外でも人気がある車種になります。現在は2代目ですが、日本においては逆輸入車として流通しています。

V6エンジン、V8エンジン、ともに搭載している車両があり、他メーカー車種と同様、作りも日本車というよりはアメ車の雰囲気で設計がされています。日本においても並行輸入車に乗るファンは多く、タンドラユーザーも比較的多数存在しているのが現状です。

ニッサン・タイタン

ニッサン・タイタンは日本の日産自動車が販売する海外向けのピックアップトラックで日本ではみかけない車両になります。トヨタ・タンドラと同様に、こちらも日本国内では流通していいのが現状になります。
2004年から販売を開始し、当初はエンジンはV6 5.6Lのみという限定した販売を行っていました。。現在ではV8 5.0Lのディーゼルターボエンジンを搭載しているなど、ダウンサイジングの潮流にも乗った販売をしています。

マニアックな車種ではありますが、海外では根強いファンも多数いる車種になります。

トヨタ・タコマ

トヨタ・タコマはトヨタ自動車が発売したピックアップトラックです。タンドラに比べ、サイズ、排気量ともにコンパクトに設計されており、人気車種となっています。

ハイラックスの北米仕様として1995年に登場しています。販売台数10万台を切ったことがなく、いまでもその販売台数を維持したままでトヨタ自動車の北米における売上の中心となっています。エンジンは2.7L直四、3.5L V6の二種類で、それぞれ2WDと4WD、MT、ATの組み合わせが可能で、豊富なパターンが選択できることも人気の秘訣です。

ホンダ・リッジライン

リッジラインは自動車メーカーホンダが販売する(スポーツ・ユーティリティ・トラック)です。

通商SUTとはSUVとピックアップトラックを合わせた車種であり、荷台を追加していることとキャビンが4つあることがポイントです。3.5L V6エンジンと6ATの組み合わせで、Honda SENSINGの搭載でホンダならではのデザインなど、日本車ホンダとしての色が残ったまま新しいSUTとしての道を走っています。

ニッサン・フロンティア

フロンティアは日本の日産が販売する日本のみならず販売が開始されたピックアップトラックです。ダットサントラックの良い部分だけをのこして、新しいニッサンのピックアップトラックとして販売を開始された車種になります。ルノー・アラスカンやメルセデス・Xクラスとその基本のロジックを共有しており、エンジンは4L V6エンジンでそのトルクや加速も早く力ず良い走りを実現しています。

トヨタ・ハイラックス

ハイラックスはトヨタ自動車が販売していた日本を代表するピックアップトラックです。発売当初からファンが大変多く、国内販売が終了してからも国外ではカローラの次に販売台数が多いベストセラーとして代表的な車種といえるでしょう。国内においても復活を待つ声は非常に多く、2017年についに販売復活を果たしました。

ほぼノーマルの状態での北極磁への到達を果たすなど、その耐久性や汎用性の評価は非常に高く、タフな車の代表作となっています。また、軍用での使用されることもあり、チャド内戦ではトヨタのピックアップトラックが使用ざれてしまい「トヨタ戦争」いわれることもあったほどです。

”ハイラックス”という車名の由来は、”高い”「hight」と”ラグジュアリー”「Luxury」をくっつけて生み出されたものである。

これは、トヨタ自動車が、ハイラックスを乗用車と同程度のラグジュアリーさや快適性を持ちつつ、ピックアップトラックとしての機能を目指して作られたことともいわれています。

ハイラックスは、日野自動車が製造していた小型トラックの”ブリスカ”を前身に持ち、1960年代に登場した初代は、トヨタが企画し、設計は日野が主導していくという形で誕生しました。その後何代もアップデートが加えられ、2004年まで販売された6代目までが、日本国内でも販売されました。7代目、2015年からの8代目は販売されていませんでしたが、この度、8代目の日本仕様車が販売されることとなりました。

ハイラックスは国内はもちろん海外でも絶大な人気を博してる車種で、そのパワフルで高性能な走行が自慢の一台であり、ピックアップトラックでもありSUVのような使い方さえ可能な1台です。

三菱・トライトン

トライトンは日本の三菱が販売するピックアップトラックです。ピックアップトラックといっても、通常のピックアップトラックとは少し違った形状をしている車種になります。SUTであり、ダブルキャブに荷台がついた形となっているのですが、一般のピックアップトラックに比べて曲線を多用に使い設計されているのが大きな特徴に一つにあげられます。エンジンも直四やV6など様々な方面で開発が進み、シンプルな商用仕様まで販売されていたり、気軽につけえるような設計もあり個人でも使用することができます。

これまでは国内でも販売されておったことから、今でも復活を待ちわびるファンの声が絶えないようです。特徴としては群を抜いてオシャレで近未来えお連想させるようなデザインをしているため、マニアックなファンが多いピックアップトラックといえるでしょう。

まとめ

ハードな環境下においても走行、運搬、また時には牽引をそつなくこなすことのできる車、それがピックアップトラックです。世界全体でみると思ったよりその需要は大きく、かなりの比重を占めていることがわります。

特別でありワイルドで洗練された車、ピックアップトラックを一度乗車してみてはいかがでしょうか。

 

車業界豆知識カテゴリの最新記事