日産車モデルチェンジ情報:2018~2019上半期

日産車モデルチェンジ情報:2018~2019上半期

日産車モデルチェンジ情報:2018~2019上半期

フェアレディZ 新型

『技術のニッサン』として、世界でその技術力が認められている日産。
毎回、新型・モデルチェンジの度に技術力で世界を唸らすだけあって、その動向は世界中で大きな話題になる。

2018年から2019年にかけての日産も、モデルチェンジの豊富なラインナップで世界の話題を独占しそうだ。

今回は、「2018年~2019年上半期日産車モデルチェンジ情報」を一覧にした。
正式に発表されたものから、噂段階のものまでを一気にご紹介しよう。

2018年~2019年上半期日産車マイナーチェンジ情報

2018年~2019年にかけて、マイナーチェンジを行う日産の車種の情報は入手できませんでした。

2018年~2019年上半期日産車フルモデルチェンジ情報

フーガ

販売開始日:2018年10月頃(予定)

・日産のフラッグシップモデルである、フーガ。このフルモデルチェンジで、型式は「Y15」から「Y52」となる。
日本以外では「インフィニティ」の名で高級車ブランドを展開しているフーガであるので、このフルモデルチェンジは、世界中が注目している。
今回のフルモデルチェンジでは「デザイン」「内装装備」はもちろん、「ボディサイズ」も一回り小さくよりコンパクトに変更すると予想されている。
エンジンについてはまだ噂段階であるが、新型スカイラインにも搭載されていた「274A型」の採用も見込まれている。

◆現行フーガ基本スペック◆

全長:4.98m
全幅:1.85m
全高:1.5m
車両総重量:1,700kg

乗員定員:5名

ボディカラー:
スーパーブラック、ダークブルーパール、ダークメタルグレーメタリック、ブリリアントシルバーメタリック
ガーネットブラックパール(オプション色)、ブリリアントホワイトパール3コートパール(オプション色)、プレミアムブラウンメタリック(オプション色)

総排気量:2,495cc

エンジン種類:V型6気筒DOHC
駆動方式:FR
ミッション:7AT
使用燃料:ハイオク
最高出力:225ps
最大トルク:258n・m(26.3kg・m)/4,800rpm

燃費:11.2km/L

新車価格:419万~601万円

マーチ

販売開始日:2018年12月頃(予定)

・欧州ではすでに2017年5月に販売されている新型マーチが、日本でも2018年12月頃に販売される予定だ。
この新型マーチには、新型エンジン「1.2L直列3気筒エコスーパーチャージャーエンジン」が搭載されると噂されており、1.5Lエンジンと同等の力強さを発揮するこの新世代エンジンの活躍が今から期待される。
また、日産とルノーが共同開発した新たなプラットフォーム「CMF-Bプラットフォーム」も採用される予定。

◆現行マーチ基本スペック◆

全長:3.83m
全幅:1.67m
全高:1.52m
車両総重量:940kg

乗員定員:5名

ボディカラー:
ナイトベールパープルパールメタリック、ナデシコピンクパールメタリック、ピュアブラックパールメタリック、ブリリアントシルバーメタリック
オリーブゴールドメタリック(オプション色)、カプリブルーメタリック(オプション色)、クリスタルライラックチタンパールM(オプション色)、ブリリアントホワイトパール3コートパール(オプション色)

総排気量:1,198cc

エンジン種類:直列3気筒DOHC
駆動方式:FF
ミッション:CVT
使用燃料:レギュラー
最高出力:79ps
最大トルク:106n・m(10.8kg・m)/4,400rpm

燃費:21.4km/L

新車価格:115万~356万円

ジューク

販売開始日:2019年5~6月頃(予定)

・2010年に販売開始されて以来8年間、一度もフルモデルチェンジされていないジューク。
2018年冬にフルモデルチェンジが行われる予定だったが、開発が遅れ、2019年の春頃に予定がずれ込んだ。
搭載予定の新エンジンは、すでにノートで好評を博している「1.2Lエンジン+モーター」の組み合わせ。
また、ライバル車である「ホンダ・ヴェゼル」を意識し、ハイブリッドモデルがラインナップする予定もある。

◆現行ジューク基本スペック◆

全長:4.14m
全幅:1.77m
全高:1.57m
車両総重量:1,200kg

乗員定員:5名

ボディカラー:
アズライトブルーパール、スーパーブラック、ダークメタルグレーメタリック、ナイトベールパープルパールメタリック、パッションレッド、ブリリアントシルバーメタリック、ラディアントレッドパールメタリック、
サンライトイエローパール(オプション色)、ブリリアントホワイトパール3コートパール(オプション色)

総排気量:1,498cc

エンジン種類:直列4気筒DOHC
駆動方式:FF
ミッション:CVT
使用燃料:レギュラー
最高出力:114ps
最大トルク:150n・m(15.3kg・m)/4,000rpm

燃費:18km/L

新車価格:174万~347万円

ティアナ

販売開始日:2019年春頃(噂段階)

・2018年3月に行われたニューヨークモータショーで、新型ティアナ(北米名・アルティマ)が発表された。
エクステリアは従来モデルよりも低重心でワイド、内装はよりラグジュアリーなものへと変更される。
エンジンは「VCターボ」と「2.5L直列4気筒エンジン」の2種類用意されており、日本で販売される場合も同様のエンジンが採用される。
新エンジンを採用することで、ティアナの燃費は大きく向上する。

◆現行ティアナ基本スペック◆

全長:4.88m
全幅:1.83m
全高:1.47m
車両総重量:1,460kg

乗員定員:5名

ボディカラー:
ウォーターフォールブルーチタンパールM、ダークメタルグレーメタリック、ブリリアントシルバーメタリック、ラディアントレッドパールメタリック
ダイヤモンドブラックパール(オプション色)、ブリリアントホワイトパール3コートパール(オプション色)

総排気量:2,488cc

エンジン種類:直列4気筒DOHC
駆動方式:FF
ミッション:CVT
使用燃料:レギュラー
最高出力:173ps
最大トルク:234n・m(23.9kg・m)/4,000rpm

燃費:14.4km/L

新車価格:256万~351万円

フェアレディZ

販売開始日:2019年春頃(噂段階)

・このフルモデルチェンジは、メルセデスベンツと共同開発されるということで、正確な発表の前からすでに話題になっている。
メルセデスベンツとの共同開発とのことで、ベンツ製の「2.0L直列4気筒ターボエンジン」が搭載される可能性が高い。
また、価格を安く設定し、入手しやすいよう改良されるとの噂もある。

◆現行フェアレディZ基本スペック◆

全長:4.26m
全幅:1.85m
全高:1.32m
車両総重量:1,610kg

乗員定員:2名

ボディカラー:
ダイヤモンドブラックパール、ダークメタルグレーメタリック、バイブラントレッドカラークリア、ブリリアントシルバーメタリック
オーロラフレアブルーパール2コートパール(オプション色)、カーマインレッドカラークリアーメタリック(オプション色)、ブリリアントホワイトパール3コートパール(オプション色)、プレミアムアルティメイトイエロー(オプション色)

総排気量:3,696cc

エンジン種類:V型6気筒DOHC
駆動方式:FR
ミッション:6MT
使用燃料:ハイオク
最高出力:336ps
最大トルク:365n・m(37.2kg・m)/5,200rpm

燃費:9.1km/L

新車価格:391万~640万円

シルビア

販売開始日:2019年春頃

・ファンの間で長らくフルモデルチェンジが期待されていた、伝説のデートカー・シルビア。
ついに2019年春頃のフルモデルチェンジが現実味を帯びてきた。
まだ噂段階ではあるが、フルモデルチェンジが行われるとしたら「2.0L直4・次世代量産型可変圧縮比エンジン」が搭載されるのではないかと言われている。

◆現行シルビア基本スペック◆

全長:4.45m
全幅:1.7m
全高:1.29m
車両総重量:1,420kg

乗員定員:4名

ボディカラー:
スパークリングシルバーメタリック、スーパーブラック、スーパーレッド、ブリリアントブルーチタンパールメタリック
パールホワイト3コートパール(オプション色)、ライトイングイエロー(オプション色)

総排気量:1,998cc

エンジン種類:直列4気筒DOHC
駆動方式:FR
ミッション:5MT
使用燃料:ハイオク
最高出力:165ps
最大トルク:19.6kg・m/4,800rpm

燃費:12km/L

新車価格:177万~261万円

車業界豆知識カテゴリの最新記事