BMW新車情報2018~2019上半期

BMW新車情報2018~2019上半期

 

日本国内ではメルセデスベンツと並ぶ”憧れの高級車”である、BMW。
『駆け抜ける喜び』というBMWのキャッチフレーズが示す通り、車の走りを重視した、運転の楽しさを味わえるBMW車のファンは本国・ドイツをはじめとして世界中に数多く存在する。

BMWの前身は航空機エンジンメーカーだった。
その時のノウハウは現在のBMWの中枢を担っており、高出力エンジンの「シルキーシックス(直列6気筒エンジン)」はBMWのシンボルでもある。
高回転まで滑らかに吹き上がることから名付けられたシルキーシックスのおかげで、BMW車にしかない”あの独特な加速感”が生み出せている。

多数の人気車種を抱えているBMWだが、中でも日本でとくに人気なのが「BMW・3シリーズ」。
日本の道路事情に合っているボディサイズだということもあるが、デザイン・エンジン性能・ボディサイズのバランスが非常によく、日本人でも非常に運転しやすい外車である。

世界中でヒットを飛ばしているBMW車は、毎年新車発表を行い、その成長を止めない。
そのためBMWの新車発表は毎回、世界中から大きな関心を集める。そしてもちろん、2018~2019年上半期にかけても多くの新車発表を行っているBMW。

そこで今回は【2018年~2019年上半期BMW車新車情報】についてまとめた。
噂レベルの情報から、BMWが正式に発表した情報までまとめて掲載しているので、ぜひ今後の参考にしていただきたいと思う。

(※各情報は2018年8月現在のものである)

2018年~2019年上半期BMW車新車情報

BMW i8ロードスター

販売開始日:2018年4月9日

・BMW車の中でプレミアム・スポーツカーの位置付けにある「BMW i8」。そのBMW i8が新たにロードスターを発表した。
PHEV(プラグインハイブリッド)であり、スポーツカーでもあるBMW i8は、パワフルな走りをみせるが燃費はコンパクトカー並みに低い。

Cピラーやリアに「ロードスター」の表記があり、ロードスターマニア垂涎の仕様に。
ルーフはソフトトップで、開閉にそれぞれ15秒もかからない。

◆新車BMW i8ロードスター基本スペック◆

全長:4.68m
全幅:1.94m
全高:1.29m
車両総重量:1,65kg

乗員定員:2名

ボディカラー:(クーペタイプ参照)
ソフィストグレー Fグレーアクセント、ソフィストグレー BMW i ブルーアクセント
E-コッパー フローズングレーアクセント(オプション色)、クリスタルホワイト Fグレーアクセント(オプション色)、クリスタルホワイト BMW iブルーアクセント(オプション色)、ドニントングレー Fグレー・アクセント(オプション色)

排気量:1,498cc

エンジン種類:直列3気筒DOHC
駆動方式:4WD
ミッション:6AT
使用燃料:ハイオク
最高出力:231ps
最大トルク:320n・m(32.6kg・m)/3,700rpm

燃費:15.9km/L

新車価格:2,231万円

BMW X2

販売開始日:2018年4月16日

・BMWのSUVシリーズで唯一の欠番となっていた”幻のX2″がとうとう販売開始された。

日本に導入されたBMW X2のエンジンラインナップは、「1.5L直列3気筒ガソリンエンジン」「2.0L直列4気筒ガソリンエンジン」の2種類。
ディーゼルエンジンモデルの日本導入は、現在まだないようだ。

また、プラットフォームは「BMW X1」や「BMW 2シリーズ・アクティブツアラー」などと共通のものを使用している。

◆新車BMW X2基本スペック◆

全長:4.38m
全幅:1.83m
全高:1.54m
車両総重量:1,775kg

乗員定員:5名

ボディカラー:
ブラックⅡ
グレイシャー・シルバーメタリック(オプション色)、スパークリング・ストーム・ブリリアントE(オプション色)、ブラック・サファイアメタリック(オプション色)、ミネラル・ホワイトメタリック(オプション色)、メディテラニアン・ブルーメタリック(オプション色)

排気量:1,498cc

エンジン種類:直列3気筒DOHC
駆動方式:FF
ミッション:7AT
使用燃料:ハイオク
最高出力:140ps
最大トルク:220n・m(22.4kg・m)/4,200rpm

燃費:15.6km/L

新車価格:436万~515万円

BMW 8シリーズ

販売開始日:2019年上旬?(噂)

・惜しまれつつ製造・販売を終了したBMW 8シリーズが、2018年、約20年振りに復活する。
『新次元の駆け抜ける喜び』を体感できるとあって、ファンの期待は最高潮に達しているようだ。

欧州モデルではガソリン車とディーゼル車の2タイプが用意されており、それぞれ、ガソリン車には「4.4LツインターボV8エンジン」、ディーゼル車には「3.0Lツインターボ直6エンジン」が搭載される。

気になる価格は、本国・ドイツで約1,277万円~約1,600万円程度になる模様。

◆先代モデル(2000年)BMW 8シリーズ基本スペック◆

全長:4.78m
全幅:1.87m
全高:1.34m
車両総重量:1,880kg

乗員定員:4名

ボディカラー:ー

排気量:4,398cc

エンジン種類:V型8気筒DOHC
駆動方式:FR
ミッション:5AT
使用燃料:ハイオク
最高出力:286ps
最大トルク:42.8kg・m/3,900rpm

燃費:6.7km/L

新車価格:1,050万円

BMW X7

販売開始日:2019年上旬?(噂)

・BMWのSUVラインナップの「Xシリーズ」最高峰の、大型モデルが来年誕生する予定だ。
それがBMW X7であり、最高峰にふさわしい『高級感』を前面に押し出したモデルであることが予想されている。

搭載されるエンジンは「3.0L直列6気筒エンジン」や「4.4LV型8気筒ツインターボエンジン」などではないかと言われている。
さらに、「V型12気筒エンジン」搭載の可能性もあり、パワフルな走りに期待を持てる。

◆BMW X7基本スペック◆

全長:5.02m
全幅:2.02m
全高:1.8m

乗員定員:7名

排気量:2,000cc

エンジン種類:直列4気筒DOHC+モーター
駆動方式:FR
ミッション:8速AT
使用燃料:ハイオク
最高出力:240ps

近年販売が開始されたBMW車新車

BMW M2クーペ

販売開始日:2016年5月

・「初代BMW M3」と「BMW 2002ターボ」の後継車と言われるBMW M2クーペは、小型クーペである。

小型ながら秘めているパワーは強烈で、当時新開発された「直列6気筒直噴ターボ」と「7速DCT」を組み合わせ、最高出力370psのパワートレインを搭載。
さらに、「アクティブMディファレンシャル」や「Mコンパウンド・ブレーキ・システム」も抜かりなく装備されている。

もちろんパワー面だけではなく、安全面にも最大限の考慮が。
先進安全装備「ドライビング・アシスト」を搭載し、衝突回避などが可能な仕様となっている。

◆BMW M2クーペ基本スペック◆

全長:4.48m
全幅:1.86m
全高:1.41m
車両総重量:1,780kg

乗員定員:4名

ボディカラー:
アルピン・ホワイトⅢ、ブラック・サファイアメタリック、ミネラル・グレーメタリック、ロングビーチ・ブルーメタリック

排気量:2,979cc

エンジン種類:直列6気筒DOHC
駆動方式:FR
ミッション:6MT
使用燃料:ハイオク
最高出力:370ps
最大トルク:465n・m(47.4kg・m)/5,560rpm

燃費:12.1km/L

新車価格:768万~894万円

車業界豆知識カテゴリの最新記事