自動車の名義変更の手順(普通車・軽自動車)を解説

リサイクル券

自動車を友人・知人から譲り受けた時、必ず行わなければいけないのが【自動車の名義変更】です。
これは同居している家族から譲り受けた場合も同じで、自動車の所有者が変わる場合には必ず手順に従って手続きを進めなければいけません。

しかし、必要書類が多く陸運局に出向かなければいけない自動車の名義変更は少々面倒なため、名義変更を行わず旧所有者の名義のまま乗り続けている人が多数存在するのも事実。

仮にこのように自動車の名義変更を行わず、旧所有者の名義で乗り続けていると「法律違反」となり50万円以下の罰金刑を課せられてしまいます。
道路運搬車両法・第12条1項で”所有者に変更があった場合は15日以内に変更の手続きを行わなければならない”と定められているので、名義変更の必要が生じた場合は必ず行うようにしましょう。

今回は【自動車の名義変更の手順を普通車・軽自動車別に解説】していきたいと思います。

普通車の名義変更

実は、普通車と軽自動車では「名義変更に必要な書類」が異なります。
必要書類に関しては、1日だけでは集まらない場合もあるため、必ず事前に用意しておきましょう。

ここではまず、普通車の名義変更の際に必要な書類と、手続きの手順について解説していきます。

難しいことは分からない!
そんな方に、名義変更を全て代行してもらえるとこもあります!

車の手続き.comでは、全国対応で普通車の出張封印まで対応しており、遺産案件やその他難しい案件でも全て対応可能とのこと。
料金面も普通に頼むよりも安いとのことで、取扱件数もかなりあるようです。

名義変更

普通車の名義変更に必要な書類

普通車の名義変更の際に必要な書類は以下の通りです。

名義変更の前日までに用意しておく書類

①自動車検査証(車検証)
車検証は、通常であれば自動車に積載されています。旧所有者から自動車を譲り受ける際、必ず車検証も譲り受けましょう。

②譲渡証明書
国土交通省のホームページや、その他サイトからダウンロード出来ます。また、陸運局でもらうことも可能です。

譲渡証明書のダウンロードページ

③旧所有者の印鑑証明書
お住いの市区町村の役場で取り寄せることが出来ます。

④新所有者の印鑑証明書
お住いの市区町村の役場で取り寄せることが出来ます。

⑤旧所有者の委任状
国土交通省のホームページや、その他サイトからダウンロード出来ます。また、陸運局でもらうことも可能です。

委任状のダウンロードぺージ

⑥新所有者の委任状

国土交通省のホームページや、その他サイトからダウンロード出来ます。また、陸運局でもらうことも可能です。

委任状のダウンロードぺージ

⑦新所有者の車庫証明
管轄の警察署で発行してもらえます。警察署に提出する前に揃える書類は下で解説します。

※当日に用意する書類
⑧申請書(第1号様式)
陸運局窓口で配布されます。

⑨手数料納付書
陸運局窓口で購入できます。

⑩自動車税・自動車所得税申告書
陸運局隣接の税事務所で配布されます。

車庫証明の申請をする際に準備する書類

A:一軒家の駐車や、法人名義で自社の駐車場の場合

・自認書(保管場所の住所などを記載します)
・所在図と配置図

B:マンションの駐車場や月極駐車場の場合

・保管場所使用承諾証明書(管理会社に記入してもらいます)
・所在図と配置図(管理会社に記入してもらいます)

自認書などのダウンロードページ

普通車の名義変更手順

1. 名義変更を行う日の前日までに必要書類を用意する。
当日に用意できる、「申請書(第1号様式)」「手数料納付書」「自動車税・自動車所得税申告書」以外は、名義変更をスムーズに行うためにも必ず前日までに全て用意しておきましょう。

2. 「陸運局」に出向き、窓口で”当日用意する必要書類”を作成する。
この時に料金が発生するものもあるため、あらかじめ凡その料金を確認しておいてください。料金は地方自治体によって異なる場合があります。

3. 必要書類が揃い次第、「書類整備確認窓口」に提出する。
前日・当日に用意した書類、全てをまとめて書類整備確認窓口に提出します。ここで必要書類に不備がなかった場合、新しい車検証が交付されるまでの間、待機となります。

4. 新しい車検証が交付されるので受け取る。
繁忙期や各都道府県の中心地では、新しい車検証が交付されるまでに時間がかかる場合もあるので、時間には余裕を持っておきましょう。

5. 「税事務所」で税金の申告を行う。
どの税事務所も、大抵の場合は陸運局と同じ敷地内にあります。自動車取得税を支払わなければいけない場合、こちらで提示された金額を納税してください。

※6~8はナンバープレートに変更がある場合のみ。ない場合には、名義変更に関する手続きは終了。

6. 「ナンバープレート返納窓口」で、旧所有者が使用していたナンバープレートを返納する。
陸運局と同じ敷地内にあるナンバープレート返納窓口には、ナンバープレートを取り外すための「ドライバー」や「封印の破き方が記載された用紙」などが準備してあります。

7. 「ナンバープレート交付窓口」で、新しいナンバープレートを受け取る。
新しいナンバープレートは購入となります。希望ナンバーや図柄入りナンバーを事前に申請していた場合も、こちらで受け取ります。

8. ナンバープレートの封印を行う。
ナンバープレートの封印を行ってもらい、名義変更に関する手続きは終了です。

軽自動車の名義変更

次に、軽自動車の名義変更について解説していきたいと思います。
軽自動車は、普通車よりも用意しなければいけない必要書類が少ないです。
名義変更の手順に関しては、普通車と軽自動車で変わりはありません。

軽自動車の名義変更に必要な書類

軽自動車の名義変更の際に必要な書類は以下の通りです。

※名義変更の前日までに用意しておく書類
①自動車検査証(車検証)
車検証は、通常であれば自動車に積載されています。旧所有者から自動車を譲り受ける際、必ず車検証も譲り受けましょう。

②旧所有者の印鑑
認印が必要です。

③新所有者の印鑑
認印または署名でも可能です(都道府県によって異なりますので認印を用意することを推奨)。

④住民票の写し
お住いの市区町村の役場で取り寄せることが出来ます。

※当日に用意する書類
⑤申請書(第1号様式)
陸運局窓口で配布されます。

⑥軽自動車税・自動車所得税申告書
陸運局隣接の税事務所で配布されます。

軽自動車の名義変更手順

1. 名義変更を行う日の前日までに必要書類を用意する。
当日に用意できる、「申請書(第1号様式)」「手数料納付書」「自動車税・自動車所得税申告書」以外は、名義変更をスムーズに行うためにも必ず前日までに全て用意しておきましょう。

2. 「陸運局」に出向き、窓口で”当日用意する必要書類”を作成する。
この時に料金が発生するものもあるため、あらかじめ凡その料金を確認しておいてください。料金は地方自治体によって異なる場合があります。

3. 必要書類が揃い次第、「書類整備確認窓口」に提出する。
前日・当日に用意した書類、全てをまとめて書類整備確認窓口に提出します。ここで必要書類に不備がなかった場合、新しい車検証が交付されるまでの間、待機となります。

4. 新しい車検証が交付されるので受け取る。
繁忙期や各都道府県の中心地では、新しい車検証が交付されるまでに時間がかかる場合もあるので、時間には余裕を持っておきましょう。

5. 「税事務所」で税金の申告を行う。
どの税事務所も、大抵の場合は陸運局と同じ敷地内にあります。自動車取得税を支払わなければいけない場合、こちらで提示された金額を納税してください。

※6~8はナンバープレートに変更がある場合のみ。ない場合には、名義変更に関する手続きは終了。

6. 「ナンバープレート返納窓口」で、旧所有者が使用していたナンバープレートを返納する。
陸運局と同じ敷地内にあるナンバープレート返納窓口には、ナンバープレートを取り外すための「ドライバー」や「封印の破き方が記載された用紙」などが準備してあります。

7. 「ナンバープレート交付窓口」で、新しいナンバープレートを受け取る。
新しいナンバープレートは購入となります。希望ナンバーや図柄入りナンバーを事前に申請していた場合も、こちらで受け取ります。

8. ナンバープレートの封印を行う。
ナンバープレートの封印を行ってもらい、名義変更に関する手続きは終了です。

自動車の名義変更は速やかに!

法律でも定められており、行わなければ最悪の場合50万円以下の罰金刑となってしまう、自動車の名義変更。

今回は”通常”の自動車の名義変更方法をご紹介しました。
旧所有者が死亡している場合など、特別な場合には必要な書類が変わってくるので、陸運局ホームページで確認してください。

自動車の名義変更は、所有者が変わってから15日以内に変更する必要があります。速やかに行いましょう。

名義変更の代行が可能な事業者・行政書士

全国対応 車の手続き.com
北海道 北海道
東北地方 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県
関東地方 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県
中部地方 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県
近畿地方 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県
中国地方 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県
四国地方 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州・沖縄地方 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県