【RX-8】車の買取相場情報

【RX-8】車の買取相場情報

マツダ RX-8の車買取相場情報

rx8 買取相場

RX-8は、かつてマツダが製造・販売していたロータリーエンジン搭載のスポーツカーであり、2003年3月-2012年6月の期間生産されていました。

マツダのロータリースポーツ車の新規車種として設計・生産され、搭載エンジンは『ロータリーエンジン』で自然吸気(NA)であり、排気ポートは市販ロータリーエンジンでは初となるサイド排気ポートを採用したことによって、オーバーラップ0とすることが可能となり、従来のロータリーエンジンと比較して燃費も向上し、低速トルクも改善されています。ターボチャージャーを廃したことで、伸びやかでストレスなくレッドゾーンまで回転する、よりロータリーエンジンの強みを引き出したエンジン設計となりました。また、前後ドアが観音開きになるフリースタイルドアを採用した点も特徴的となります。また、ロータリーエンジン搭載車としては、初めて電子スロットルを採用し、各種走行安定装置(電子制御)も導入されたモデルです。

 

愛車の無料査定はコチラ

必須:メーカー
必須:車種
任意: 年式

必須: 名前
必須: 電話番号
※ご入力頂いた内容は、「中古車買取ドットコム」に送信されます。
※送信時は、プライバシーポリシーに同意したものとします。

RX-8の買取相場事情

マツダのロータリーエンジン車は、現在新たに開発されていると囁かれてはいますが、現時点では中古車市場としては最後の車となりますので、その点でも人気があり買取相場としては期待したいところですが、やはりスポーツカータイプの車種は多走行であると値段が付かない事が多々あります。2012年が最後となり、現在中古車市場に出回っている車両はおおむね10年落ち以降が多い為、一時ほどの買取相場とはなりにくく、更にワンオーナーからはずれた車両と多走行の車両がやはり多く出回っていることが多いので、さらに買取相場を下げる格好となっています。今から購入を検討される方は、廃車まで乗るくらいのお考えを持たれた方が良いでしょう。

総じて、RX-8の買取相場で好条件なのは、多走行ではない点が一番のキモとなります。

車買取の相場表に関して

当サイトの車買取相場表を参照して頂くにあたり、以下の内容をご理解下さい。

●車買取の相場については、あくまでも参考値です。

●実際に査定の場合、走行距離や売却時期の他、装備品・車体カラー・内外装やコンディション、その他さまざまな情報によって変動しますので、表示価格は実際の買取相場を保証するものではありません。

RX-8を1円でも高く売る方法はコチラ

RX-8の買取相場

車名・グレード 年式 走行距離 買取相場
RX-8 スピリットR 平成23年 5万km 50万円前後
RX-8 タイプG 平成22年 7万km 30万円前後
RX-8 タイフRS 平成21年 8万km 25万円前後
RX-8 タイプS 平成20年 12万km 5万円前後
RX-8 ベースグレード 平成19年 6万km 25万円前後
RX-8 タイプE 平成19年 10万km 10万円前後
RX-8 タイプS 平成19年 12万km 30万円前後
RX-8 ベースグレード 平成17年 4万km 10万円前後
RX-8 ベースグレード 平成17年 9万km 3万円未満
RX-8 ベースグレード 平成17年 8万km 3万円未満
RX-8 タイプE 平成17年 13万km 3万円未満
RX-8 タイプE 平成17年 7万km 7万円前後
RX-8 タイプE 平成17年 4万km 30万円前後
RX-8 ベースグレード 平成16年 6万km 25万円前後
RX-8 ベースグレード 平成16年 13万km 3万円未満
RX-8 ベースグレード 平成16年 3万km 25万円前後
RX-8 タイプE 平成16年 8万km 10万円前後
RX-8 ベースグレード 平成16年 8万km 3万円未満
RX-8 タイプS 平成16年 8万km 25万円前後
RX-8 ベースグレード 平成16年 11万km 3万円未満
RX-8 ベースグレード 平成16年 7万km 3万円未満
RX-8 タイプE 平成16年 9万km 3万円未満
RX-8 ベースグレード 平成16年 5万km 3万円未満
RX-8 ベースグレード 平成16年 11万km 3万円未満
RX-8 ベースグレード 平成16年 4万km 30万円前後
RX-8 タイプS 平成16年 12万km 5万円前後
RX-8 ベースグレード 平成16年 5万km 5万円前後
RX-8 タイプS 平成15年 10万km 10万円前後
RX-8 タイプS 平成15年 12万km 10万円前後
RX-8 タイプS 平成15年 11万km 7万円前後
RX-8 タイプS 平成15年 10万km 7万円前後
RX-8 タイプS 平成15年 11万km 8万円前後
RX-8 タイプE 平成15年 8万km 3万円未満
RX-8 ベースグレード 平成15年 7万km 15万円前後
RX-8 タイプS 平成15年 8万km 15万円前後
RX-8 ベースグレード 平成15年 8万km 3万円未満
RX-8 タイプS 平成15年 11万km 10万円前後
RX-8 タイプS 平成15年 12万km 15万円前後
RX-8 ベースグレード 平成15年 9万km 3万円未満
RX-8 タイプS 平成15年 11万km 10万円前後

マツダロータリーエンジンの魅力

マツダのエンジンといえばロータリーエンジン。RX-7・RX-8に搭載されています。他社は開発を中止したにも関わらず、マツダはそのロータリーエンジンにこだわり続け、その結果ロータリーエンジンに魅了されたユーザーを多く作り出してきたのも事実です。では、マツダがこだわり続けるロータリーエンジンの魅力とはどこにあるでしょうか?

1:ハイパワーエンジン

一般的なエンジンであるレシプロエンジンは上下運動することで動力を作り出すのに対し、ロータリーエンジンは三角形の回転子(=ローター)を回転させ、回転動機構による容積変化を利用して熱エネルギーを回転動力に変換しているエンジンです。その為、レシプロエンジンのような吸排気バルブやカムのような動弁系がなく、高回転まで回すことが可能となりることから、その分ハイパワーとなり得るのです。

2:高回転域へのスムーズな伸び

ロータリーエンジンは吸排気バルブやカムのような動弁系がないことから、スムーズに不快な振動等もあまりなく8000回転・9000回転への高回転域へと連れて行ってくれます。モーターのようにスムーズに回ることが、エンジンの高回転域ならではの無骨感や荒々しさを好むユーザーには受け入れられがたかったのもまた事実ではありますが。

3:コンパクトかつ軽量

ロータリーエンジンはレシプロエンジンに比べてコンパクトかつ軽量であるがゆえに、車体中央の低い位置に配置が可能となっていうことから、走行性の高さが求められる条件をクリアする事が容易になっています。つまり、ボンネット自体も低く設計することが可能となり、視界の開けた設計をとることが可能となり、スポーツカーの開発にはもってこいということにも繋がります。

4:オーバーホールが容易

ロータリーエンジンは吸排気バルブやカムなどのパーツが少ない為、故障による修理やオーバーホールが非常に簡単に行えます。レシプロエンジンは高い技術力とパーツ取り寄せなどによって修理が簡単ではないので、その点優れており、かつ軽量となっています。

ロータリーエンジンはRX-8に搭載されていましたが、現在は絶版となっています。ですが、RX-9の発売がうわさされており、既にモーターショーではお披露目されていますので、マツダロータリーエンジンを搭載したRXシリーズが復活するのは目の前です!

 

中古車査定サイトのおすすめランキング

第1位:中古車買取ドットコム

中古車買取ドットコム

中古車買取ドットコムの特徴

●リンク先:中古車買取ドットコムはコチラ
●情報入力後に概算価格を提示してくれる

●入力項目:最低入力4項目(約22秒)
●年間実績数:約5万件
●年間問合せ数:約20万件
電話だけでの査定も行えるので非常に簡単

第2位:車簡単査定ガイド

車簡単査定ガイドの特徴

●情報入力後、概算価格を提示してくれる
●入力項目:9項目(約70秒)
●年間実績数NO.1:約35万件
●最大査定依頼社数:10件
●査定会社選択:不可

第3位:カーセンサー

カーセンサーの特徴

●ネームバリューと認知度の高さから、ユーザーからの信頼感は◎
●提携会社No.1:約1000社
●入力項目:17項目(約3分)
●最大査定依頼社数:30件
●査定会社選択:可能

第4位:ズバット車買取

ズバット車買取の特徴

●情報入力後、概算価格を提示してくれる
●入力項目:7項目(約45秒)
●年間実績数NO.1:約18万件
●最大査定依頼社数:10件
●査定会社選択:可能

第5位:楽天オート

楽天オートの特徴

●認知度の高さから、利用者増
●バイクにも対応
●入力項目:11項目(約90秒)
●申し込み・成約で楽天ポイントがもらえる
●最大査定依頼社数:10件
●査定会社選択:可能

 

 

車の買取相場カテゴリの最新記事